お知らせ

 学 会
  概要
  会則
  入会案内
  選挙規定
  学会役員


 大 会
  最新の大会
  過去の大会


 学会誌
  最新の雑誌
  過去の雑誌
  投稿規定
  執筆要領
  投稿用紙


 大 学
  学べる大学


 問い合わせ


 
執筆要領


1.版型はA4版とする。

2.原稿は、A4版の用紙に印字した本文原稿3部(コピー可。図・表・写真の挿入位置を明示すること)、図・表・写真図版のコピー3部、図・表・写真図版の原版(またはデータを入力したCDまたはDVD)、原稿(本文・要旨)および図・表・写真図版のキャプションを入力したCDまたはDVDを郵送すること。また投稿用紙をコピーし、記入したものを添付すること。

3.原稿にはページ番号と行番号を明示すること。

4.論文・研究ノートには日本語と英語の題名・著者名・要旨(和文:500字程度、英文:300語程度)・キーワード(5語以内)を記入すること。

5.図・表・写真図版は刷り上がりが横17cm×縦24cm以内、図・表は墨入れがなされたものとする。いずれも台紙に貼りつけ、トレーシングペーパーの上掛けをし、レタリングの指示およびキャプションを記入すること。データで入稿する場合は、本文はMS-Word、表はMS-WordまたはMS-Excel、図はJPEG形式を基本とし、その他の場合は作成したソフトを明記すること。

6.デジタル写真の場合は300万画素以上の画質であることが望ましい。

7.本文中での文献引用は著者名と西暦年号による。2名の場合は併記し、3名以上の場合は「ほか」とする。
    例)直良(1999)によると...、大山・大給(2000)によると...、酒詰ほか(1985、1990)によると...、
      (岸上2000;長谷部ほか1999a、b;Morse et al. 2000)

8.引用文献は文末にまとめる。和文の文献を筆頭著者名の50音順に、続いて外国語の文献を筆頭著者名のアルファベット順に並べる。同一著者の論文は、年代順に並べる。また、同一著者が 第一著者で単著と共著の論文がある場合は、まず単著論文を年代順に並べる。 次に、著者二名の論文を第2著者の50音順(和文文献の場合)もしくはアルファベッ卜順(外国語文献の場合)で並べる。同じ著者2名の論文が複数ある場合は、年代順に並べる。以下同様に著者3名以上の論文を並べる。
  また、同一著者で同一年の場合には、本文中で先に引用したものより西暦年号にa,b・・・の記号を付して区別する。
    例)Ono 2001a, 2001b

 引用文献の記述形式は次のとおりとする。
  ・雑誌掲載論文: 著者姓名、発行年、論文表題、雑誌名、巻号、最初頁-最終頁
    例)西本豊弘 1993 「弥生時代のニワトリ」『動物考古学』1, 45-48
      名島弥生・安斎英介・宮城弘樹 2008 「琉球列島における考古学的時期区分と放射性炭素年代」『南島考古』27, 23-48
      Perkins, D.P., Daly, P., 1968. A hunter’s village in Neolithic Turkey. Scientific American. 219, 96-106.

  ・単行本: 著者姓名、発行年、書名(版次)、発行所、発行地(和文は省略可)
    例)西本豊弘編 2008 『人と動物の日本史1 動物考古学』 吉川弘文館
      Reitz, E.J., Wing, E. S., 2008. Zooarchaeology, 2nd ed. Cambridge University Press, Cambridge.

  ・報告書: 編集機関名、発行年、書名、発行者名
    例)沖縄県教育庁文化課編 1980 『沖縄県文化財調査報告書 第130集 伊江島具志原貝塚発掘調査報告』 沖縄県教育委員会

  ・単行本所収論文: 著者姓名、発行年、論文表題、編者姓名、書名(版次)、発行所、発行地(和文は省略可)、最初頁-最終頁
    例)新美倫子 2008 「鳥と日本人」 西本豊弘編 『人と動物の日本史1 動物考古学』 吉川弘文館 pp.226-252
      Bull, G., Payne, S., 1982. Tooth eruption and epiphyseal fusion in pigs and wild boar, in: Wilson, B., Grigson, C., Payne, S. (Eds.),
      Ageing and Sexing Animal Bones from Archaeological Sites. BAR 109. Archaeopress, Oxford, pp.55-72.

  ・報告書所収論文:著者姓名、発行年、論文表題、編集機関名、書名、発行者名、最初頁-最終頁
    例)松井章 1997 「具志原貝塚出土の動物遺存体」 沖縄県教育庁文化課編 『沖縄県文化財調査報告書 第130集
      伊江島具志原貝塚発掘調査報告』 沖縄県教育委員会 159-188

  ・インターネット上の情報:著者姓名、表題、発行機関名、(オンライン)、入手先URL、参照日
    発行年、電子版ジャーナルの巻数,ページ数などが示されている場合には,印刷体に準じて記載。
    例)水産庁漁政部 平成20 年度水産白書 水産庁(オンライン)http://www.jfa.maff.go.jp/j/kikaku/wpaper/h20/index.html 参照2009-10-22